2005/04/29

[さ]で始まる語句・ことわざ

さぁ斬ってくれ、たてから斬るか、横から斬るか、斬って赤い血が出なけりゃお代はいらねえ西瓜野郎さあきってくれ、たてからきるか、よこからきるか、きってあかいちがでなけりゃおだいはいらねえすいかやろう):【意味】町人が衆人環視の中、侍を前にして居直るときのきまり文句。(講談・安政三組盃「どこから斬る、頭から斬るか尻(けつ)から斬るか、斬って赤い血が出なけりゃァ銭はとらねえ」、大石東下り「おもしろい、さァ斬ってくれ。たてから斬るか横から斬るか、斬って赤くなければ代銭はいただきません、受合いの西瓜野郎だ」)

さあ事だ馬の小便渡し船さあことだうまのしょうべんわたしぶね):【意味】渡し舟の上で馬が小便を始めてしまいてんやわんやの騒動になる様子を描いた川柳。(落語・巌流島:「さァ事だ馬の小便渡舟……昔ァこの、今と違いまして、乗り物(もん)てえものがなんにもございませんな。で、この、渡舟てえものが、一つの交通機関」、紫檀楼古木、孝行娘=小烏丸)

細工は流々、仕上げを御覧じろ(見るがいい)(さいくはりゅうりゅう、しあげをごろうじろ):【意味】「細工は粒々~」とも。細工のやり方というのはいろいろあるものだ。だから、ああだこうだと批評するのなら仕上げをじっくり見てからにしてもらいたい、ということ。(講談・清水次郎長、寛永三馬術、安政三組盃、三家三勇士、小金井小次郎、落語・大工調べ:「『さすが大工は棟梁(細工は流々)』『調べ(仕上げをごろうじろ』」、乾物箱)

サイコドンドンさいこどんどん):【意味】俗謡のタイトル。「咲いた桜になぜ駒つなぐ 駒が勇めば花が散る」というような歌詞が有名。(落語・湯屋番:「ここぞ一生懸命と義太夫を六段、河東節を四つうたって、長唄を七つやって、とうとうサイコドンドンでもって、中でしっくり返りました」)

才子多病さいしたびょう):【意味】才能のある人、頭の良い人は、ともすれば病気がちであること(そのためせっかくの才能を生かし切れずに短い生涯を終えることさえある)。女性の場合「佳人薄命」。(講談・鈴木重八:「ところが才子多病のたとえに洩れず、持病の癪に苦しむことが度々ございます」)(参照)→茂りやすい楊柳は秋の初風に堪えられぬ

棹は三年櫓は三月さおはさんねんろはみつき):【意味】船頭が船を操るのに、竿や櫓を操るこつを習得するために必要な期間を言い表した言葉。簡単そうに見えて難しいのが棹の扱い方で、舟の片舷から棹を出すだけで直進できるようになるまでは三年の経験が必要。それに対し、櫓は三月も練習すれば一人前になれるということ。(落語・船徳:「竿は三年櫓は三月、なんてえことをいいますが、なかなかむずかしいもんで」、お初徳兵衛、橋場の雪=夢の瀬川、舟徳)

逆さに振るって鼻血も出ないさかさにふるってはなぢもでない):【意味】催促に来られてもまるっきりすかんぴんなので一文も出せない、ということ。(講談・大岡政談お花友次郎、玉川上水の由来、落語・掛取万歳:「なにしろ銭が無えんだからしょうがねえ。なあ、逆さに振るって鼻血も出ねえン……」、お化け長屋、睨み返し)

逆さまごとさかさまごと)通常とは逆順に起こる物事。とりわけ子が親に先立つこと。(講談・寛永三馬術「逆さまごとを御覧に入れねばならず」)

肴は気取、酌は髱さかなはきどり、しゃくはたぼ):【意味】「酒は灘(あるいは燗)」に続く。「肴は刺身、酌は髱」ともいう。どうせ酒を飲むなら、肴は気の利いた(「気取」とは建築用語の「木取り」に由来し、皮・骨を除いて刺身にできる状態にすること)刺身なぞを誂えてもらいたいし、酌をしてもらうのは女性(美女)に限る、ということ。(講談・大久保彦左衛門、小金井小次郎、落語・成田小僧:「オッと、酒は燗、肴は気どり、酌はタボか。ねえさんもタボのはしくれと……」、夢金、札所の霊験、墓見)

酒外れはせぬものさかはずれはせぬもの):【意味】「さけはずれは~」とも読む。酒席で一人だけ飲まないでいるのは座がしらけるから、さされた杯は干すのがマナーであるという言葉。飲まない人に無理矢理酒を強要する時に使われる。(落語・三十石夢の通い路:「べつに毒が入ってるわけやなし、酒はずれはせんもん、どうぞ」)(参照)→一杯酒は飲まぬもの

坂は照る照る鈴鹿は曇る、間の土山雨が降るさかはてるてるすずかはくもる、あいのつちやまあめがふる):【意味】江戸時代に、東海道を往来する旅人たちが、「西の難所」といわれた鈴鹿峠を通る時に唄った「鈴鹿馬子唄」の一節。土山は東海道土山の宿。実際は、坂と鈴鹿の間に土山宿があるわけではない。芝居「重の井子別れ」でも使用されるので有名。(講談・新門辰五郎、重の井子別れ:「坂は照る照る、鈴鹿はくもる あひの土山、雨が降る 唄ひ馴れた唄ではあるが、美い聲で、子供とは思はれぬ器用な節廻し」)

盛らずば桜も人に折られまい桜の枝は桜なりけりさからずばさくらもひとにおられまいさくらのえだはさくらなりけり):【意味】道歌。桜の枝も、なまじ花の盛りでなければただの木の枝であるから、折られずに済むものを、花があるから持って行かれてしまう。出る杭は打たれるのだから、余計な欲を持たず、分をわきまえておとなしくしていれば難に遭わずに済むのだという意味。または「桜の科は桜なりけり」といい、悪事をはたらいて、それは適当な被害者がそこにいたからだ、と居直る態度。(講談・大久保彦左衛門:「どうだ坊主、昔の人は巧いことをいつた、盛らずば櫻も人に折られまい櫻の枝は櫻なりけり、過ぎたるは尚及ばざるが如し、出過ぎていかぬといふ戒めだ」)

盛んなるところ美人ありさかんなるところびじんあり):【意味】辺鄙なところと違い、都会繁華の地には美女が多いものだ、ということ。(落語・札所の霊験:「古の小町、唐土の楊貴妃といえども、これに優ることはあるまい。盛んなるところ美人ありというが……実にまったくである」)

先々の時計になれや小商人さきざきのとけいになれやこあきうど):【意味】小商い(行商)をする人は毎日正確に時間を決めてお得意を回るようにすれば、何屋が来たから今何時だ、と時計がわりに覚えてもらえるようになり、次第に商売が軌道に乗るのである。まめに歩くのが商売のコツであるということ。(講談・寛永御前試合、小間物屋四郎兵衛、落語・孝行糖:「先々の時計になれや小商人……あの豆腐屋さんが来たら何時だとか、あの八百屋さんが来たら何どきだよ、と売り込むまでの辛抱は大変でございます」)(参照)→町々の時計になれや小商人

先の出ようで鬼にも蛇にもなるよ神にも仏にもさきのでようでおににもじゃにもなるよかみにもほとけにも):【意味】自分がどういう態度(性格)をもって相手に臨むかは、まず相手の出方次第だ、という都々逸。(講談・野狐三次:「『先の出ようで鬼にも蛇にもなるよ神にも仏にも』って都々逸知らねえかい」)

先へ行く子は知識さきへゆくこはちしき):【意味】親に先立って早く亡くなった子は、親を仏道へ導く善知識(尊い存在)になるのだ、という、子を失った親への慰めの文句。(落語・泳ぎの医者:「まことにハア丈夫だったが……。先へ行く子は知識だって、どうもハアしかたがねえもんだ」)

先んずる時は人を制す、後るる時は人に制せらるさきんずるときはひとをせいす、おくるるときはひとにせいせらる):【意味】「先んずれば人を制す、後るれば人に制せらる」とも。前半が独立して使われている。「史記」の「項羽記」から出た諺。人より先に物事を行えば相手を圧倒でき、出遅れれば逆に押されっぱなしになってしまうのだ、だから喧嘩でも何でも最初に機先を制するのが肝心だということ。(講談・清水次郎長、忠僕直助:「講釈師が言うじゃァねえか、先んずる時は人を制す、早くいってあやまった方がいいよ」、木村長門守、寛永三馬術、太閤記、三家三勇士、夕立勘五郎、山中鹿之助、加賀騒動、重の井子別れ、落語・ちきり伊勢屋、船徳、うそつき弥次郎)

さくいさくい):【意味】さっぱりと淡泊な人柄のこと。「気がさくい」のを「気さく」という。(落語・宮戸川:「サクイ御方ゆえ乗せてやろうと早速お聞き済み下され有難う存じます」、小金井小次郎)

桜咲く桜お山にお酒が無ければ只の山さくらさくさくらおやまにおささがなければただのやま):【意味】花見に酒はつきもの。花盛りの山であっても、酒がなければ何の価値もないという言い回し。(落語・花見の仇討:「桜咲く桜お山にお酒が無ければ只の山 と云ふ譬への如くで、御酒を召し上がつて見ますと花も宜い者で御座います」、花見酒、あたま山)

桜の花を柳の枝に咲かせて、梅の匂いを持たせたようさくらのはなをやなぎのえだにさかせて、うめのにおいをもたせたよう):【意味】(参照)→「梅が香を桜の花に持たせつつ柳の枝に咲かせてぞ見ん」に同じ。(講談・伊達誠忠録:「愈々美しく御化粧をして、晴やかな様子は、櫻の花を柳の枝に咲かせて、梅の匂ひを持たせたやう」)

桜は若きを以て良しとなし、梅は老いたるを以て尊しとするさくらはわかきをもってよしとなし、うめはおいたるをもってたっとしとする):【意味】桜は若木、梅は老木が良いのである、という意味の諺。主に老人がまだまだ若い者には負けない、自分たちも捨てたものではない、と言いたいときに引用する言い回し。(講談・大久保彦左衛門:「櫻は若きを以て良しとなし、梅は老いたるを以て尊しとする、其の匂馥郁として鼻を劈くばかり」)

酒一杯にして人酒を飲み、酒二杯にして酒酒を飲み、酒三杯にして酒人を飲むさけいっぱいにしてひとさけをのみ、さけにはいにしてさけさけをのみ、、さけさんばいにしてさけひとをのむ):【意味】盃を重ねるに連れて、だんだん人が酒に飲まれておのれを失っていくという過程をいう。お酒もいいけど、まぁほどほどにしておかないと後悔しますよ、という教訓である。(講談・小山田庄左衛門、落語・禁酒番屋:「ただ飲むのはよろしいが、酒に飲まれるというので、酒三杯にして酒人を飲むとかいいますが」、子別れ)

酒がお客かお客が酒か酒がお客を連れてくるさけがおきゃくかおきゃくがさけかさけがおきゃくをつれてくる):【意味】都々逸。お酒を飲むと遊里に行きたくなってくるというのが男の性質というもの。遊郭にしてみたらお客と酒は切っても切れない関係。酒がお客を呼んできてくれるようなものだ。(落語・五人廻し:「一ッぱいのむと、ふらふらと出かけるのがあの遊里(さと)ですなァ。だから、酒というものが、客を呼んでくるといいますな。酒がお客かお客が酒か酒がお客を連れてくる……」)

酒でしのがす苦の世界さけでしのがすくのせかい):【意味】いわゆる苦界つとめのつらさ切なさは、酒をあおって一時的にごまかすしかない。(落語・居残り佐平次:「『酒でしのがす苦の世界』てえことがあるからねェ、またひとつ、こんなことをしたいねェ」)(類義)→うさを忘れるのは酒

酒なくてなんのおのれが桜かなさけなくてなんのおのれがさくらかな):【意味】花見には酒がなくちゃまるで話にならない。大体、酒さえも飲まずに、何の愉快で楽しいことがあるだろう、生きている甲斐もなければ喜びもないじゃないか、という酒飲みの言い分をいう狂句。(講談・小野寺十内、赤穂四十七士伝、落語・芝浜、花見酒、六尺棒:「酒なくて何の己れが河童の屁とか申しますが、実にどうも食ひ過ぎて花を御覧になるのと、御酒を召上がつて御覧なさるのとは、お花見の心持が違ふだらうと私は思ひます」)

酒には十癖あり、一に寝、二機嫌、三笑い、四勘定、五管巻き、六後引き、七助平、八泣き、九盗み、十喧嘩さけにはじゅっぺきあり、いちにね、にきげん、さんわらい、しかんじょう、ごくだまき、ろくあとひき、しちすけべい、はちなき、くぬすみ、とうけんか):【意味】酒癖、いわゆる「~上戸」には十種あり、寝る人、上機嫌になる人、勘定する人、管をまく人、くどい人、助平になる人、泣き上戸、盗癖、喧嘩をする人である。(講談・笹川繁蔵:「酒には十癖と申して、一寝、二機嫌、三笑い、四勘定、五管巻き、六後引き、七助平、八泣き、九盗み、十喧嘩――となるから、くれぐれも三笑いの辺でとどめまして、深酒は絶対慎みたいものであります」)

酒のない国に行きたい二日酔いまた三日目に帰りたくなるさけのないくににいきたいふつかよいまたみっかめにかえりたくなる):【意味】ひどい二日酔いの時は、「もう酒のない国に行きたい」などと思うものだが、そう思って三日目にはまた酒のある国で飲みたくなってしまうのが酒飲みのしょうもないところである、という狂歌。(講談・無筆の出世、落語・居酒屋、備前徳利:「されば御酒家を詠んだ狂歌の中に『酒のない国に行きたい二日酔、又三日目に帰りたくなる』などと云うのがあります」、花見酒)

酒飲みというものは騙して寝かせるより外仕方ないさけのみというものはだましてねかせるよりほかしかたがない):【意味】厄介な酔っぱらい(酒乱の人)の扱い方。ともかく嘘をついてでも、一旦寝かしてしまうのがもっとも安全なあしらい方である。(講談・幡随院長兵衛:「今夜の處は我慢をしてくれるやうに――酒飲みといふものは欺して寝かすより外に仕方がねへ」)

酒呑みに肴はいらぬさけのみにさかなはいらぬ):【意味】本当の酒好きは、体に毒だろうが何だろうがおかまいなく、肴など食わずにひたすら酒を味わい、飲み続けるものである。(講談・伊達誠忠録:「さうか、はて困つたな。酒飲みに肴はいらぬといふが、さて何にもないと思ふと淋しいな」)

酒飲みは奴豆腐にさも似たりはじめ四角であとはぐずぐずさけのみはやっこどうふにさもにたりはじめしかくであとはぐずぐず):【意味】「末はぐずぐず」とも。酒好きの人は、初めはきちんとした態度をしているが、酔っぱらってくると、てんでだらしなくなってしまう。それは奴豆腐が最初はきちんとした四角なのに、食べていくと崩れていくのによく似ている、という狂歌。(落語・居酒屋:「酒飲みは奴豆腐にさも似たりはじめ四角であとはぐずぐず……うまいことを申しました」、一人酒盛)

酒は過ちの基さけはあやまちのもと):【意味】とかく酒の上の過ちというのは起こりがちである、酒は人格を変貌させるということ。(落語・子別れ:「酒は過ちの基とか申しまして、御酒というものは、先ず中から下の人間(ひと)が脳(あたま)が薄ッぺら故(せい)か酒の染み方が早いようで」)

酒は命をけずる鉋さけはいのちをけずるかんな):【意味】酒をたくさん飲んでいると体に悪い、従って寿命が縮むということを簡潔に言い放った諺。(落語・堀川:「また命を削るかんなやともいいまして、はたしてどちらがほんとうか、わかりかねておりますのやが」、備前徳利、子別れ)(参照)→ため息は命を削る鉋かな

酒は憂いをはらう玉箒さけはうれいをはらうたまははき):【意味】酒を飲めば憂さ、苦しさを忘れることができる。だから酒は誠に結構なものだ。(講談・寛永三馬術、荒木又右衛門、伊達誠忠録、太閤記、落語・清正公酒屋、芝浜、備前徳利、縁結び浮名の恋風=清正公酒屋:「上戸は上戸で、自分勝手の理窟を附けまして、酒は憂いを払う玉箒」、花見酒、子別れ)(類義)→うさを忘れるのは酒

酒は買うべし、小言は言うべしさけはかうべし、こごとはいうべし):【意味】(参照)→「小言は言うべし、酒は買うべし」に同じ。(落語・味噌蔵:「『酒は買うべし、小言は言うべし』だよ、うん。ふだんみんな猫をかぶってるけど、いける口だろ」)

酒図りなし乱に及ばずさけはかりなしらんにおよばず):【意味】「量りなし」とも書き、「酒は量なし」とも読む。「論語」より。酒は量を定めなくても、自分がどの程度酩酊しているか自覚し、乱れない程度に飲むべきであるという戒め。(講談・猿飛佐助:「酒図りなし乱に及ばず、とは聖人の誡め」)

酒は燗、魚は気取り酌は髱さけはかん、さかなはきどりしゃくはたぼ)【意味】(参照)→「肴は気取り、酌は髱」に、「酒はお燗をつけるべきだ」という条件を付与した諺。「たぼ」は日本髪の後ろに突き出た部分で、若い女性を意味し「美婦」とも書く。(講談・田宮坊太郎、柳生三代、落語・成田小僧、首提灯、佛馬、三人旅、赤垣源蔵:「其方酌いたして呉れ、酒は燗、肴は気取り、酌は美婦(たぼ)。貴様は美婦の切れつ端だ」)(参照)→肴は気取り、酌は髱に同じ。

酒は気狂水、酔漢は酒狂人さけはきちがいみず、よっぱらいはさけきちがい):【意味】人は酔うと自分をコントロールできず、人格が変わり、理性を失うことが多い。酒はそういう作用を持つものである。酔っぱらいは一時的な狂人のようなものだ、という手厳しい表現。(講談・清水次郎長、落語・らくだ、芝浜、備前徳利、首提灯、庖丁:「気違い水なんといって、嫌いな方はたいへんいやがりますけれども」、縁結び浮名の恋風=清正公酒屋)

酒は天の美禄さけはてんのびろく):【意味】酒は天が人間に与えたもうたありがたい報酬であるということ。古来から酒を讃えてこのようにいう。(講談・水戸黄門、伊達誠忠録、笹川繁蔵、横川勘平、寛永三馬術、落語・親子酒、芝浜:「百薬の長だの、天の美録だの、憂を払う玉箒などというのは皆其の程に召上って居る方のいうことで」)

酒は飲むべし、飲むべからずさけはのむべし、のむべからず):【意味】酒は人によっては適度に飲んで利点があり、人によっては飲み過ぎのあげくとんでもない害になるものである、ということ。酒の効能と欠点、つまり両刃の剣のようなものであることを述べた言葉。後半は「飲まるべからず」とも。(講談・矢田五郎右衛門、小山田庄左衛門、赤垣源蔵のかたみ、落語・一人酒盛、禁酒番屋、清正公酒屋、備前徳利、親子酒、かはりめ、饂飩屋:「可飲不可飲、何方して宜いか分りませんが、つまり程といふ所が宜いのでございませう」)

酒は飲んでも飲まいでも(、勤むるところはきっと勤むる武蔵守)(さけはのんでものまいでも):【意味】「仮名手本忠臣蔵」の高師直が塩冶判官に言う高圧的なセリフの一部。酒くらい飲んでいようが飲んでいまいがかかわりなく、この私はきっちり仕事をします、みくびらないでくださいという意味。(講談・笹野名槍伝、左甚五郎、落語・大山詣り:「大丈夫大丈夫。酒は呑んでも飲まいでもだ……ヲツト浮雲い」)

酒は化け薬さけはばけぐすり):【意味】→「酒は気狂水」に同じ。

酒は百薬の長百毒の長さけはひゃくやくのちょう、ひゃくどくのちょう):【意味】「~なり、多く喰らえば命を断つ」と続く。適度な飲酒はいかなる薬よりも体によい。が、飲み過ぎればあらゆる毒よりも体を損ねる、という警句。(講談・横川勘平、伊達誠忠録、両越大評定、仏の作蔵、赤穂四十七士伝、落語・親子酒、ちきり伊勢屋:「ウン、うめえもんだ。“酒は百薬の長”てえやがったねえ、なァ」、芝浜、備前徳利、花見酒、六尺棒、市助酒、饂飩屋)

酒は礼に始まって乱に終わるさけはれいにはじまってらんにおわる):【意味】宴会などで酒を飲み始める時はみな行儀良いのが、次第に酔っぱらっていき、宴が果てる頃には誰もかれも理性を失って無秩序な状態になってしまう、ということ。(講談・柳生三代:「酒は禮に始まつて亂に終ると申しますが、此の連中は亂に始まつたのだから堪らない」、幡随院長兵衛、加賀騒動、出世の盃)

酒はわざわいの種さけはわざわいのたね):【意味】酒を飲むということはとかく様々なトラブルの元凶である、ということ。飲まなければ避けられた災難はたくさんある。(講談・小山田庄左衛門:「あゝとんでもないことを致した。酒はわざわいの種じゃ。つまりわしが悪いのじゃ。とんでもないことをした」)

雑魚の魚交りざこのととまじり):【意味】雑魚は小エビや小魚。大物が集まっているところに、小物が不似合いに入りまじっている、という例え。自分のようなつまらない軽輩がこのような場所に招かれて光栄です、と謙遜していう場合に使う。(講談・清水次郎長:「どういたしまして、ろくな遊びもできません、ほンの雑魚の魚交りというだけで」、倉橋伝助、塚原ト伝、寛永御前試合、玉菊燈籠)

雑魚ももぞうも一緒にざこももぞうもいっしょに):【意味】「猫も杓子も」に同じ。ろくでもない連中と一緒くたに、の意。雑魚、もぞう(無象と書く。「盲象」と書く場合も)はつまらぬ人々のたとえ。(落語・宿屋の仇討:「むじな屋と申す宿屋にとまりしところ、なにはさて雑魚も、もぞうもひとつに寝かせおき」、宿屋仇)(参照)→有造毛造(無造、無象)

ササホーサささほーさ):【意味】(放任・乱脈の結果)めちゃめちゃ、台無しになってしまうこと。(注:編者の故郷では「ササラホーサラ」という)(講談・祐天吉松:「三拍子揃つた道楽に屋敷も何もサゝホーサ」、落語・旦那の羽織=羽織の幇間)

さしったりさしったり):【意味】「左知ったり」「然知ったり」。「おっと、心得た」「しまった、やっちまった」の意。「さ退ったり」(講談・宮本武蔵)とも表記する。(講談・寛永御前試合、宮本武蔵ほか:「羽根を鳴らして飛來る、さしつたりと寶蔵院例の槍にて發止と打てば矢は二つになつて左に飛ぶ」)

座して食らえば泰山も空しざしてくらえばたいざんもむなし):【意味】「遊んで食らえば山も尽きる」とも。「~大海も飲み干す」と続く。働かずに暮らせば、どんなに莫大な財産でも使い果たしてしまう、ということ。講談には富裕な身分からあっという間に困窮してしまう人物がたくさん登場するので、そのつどこの表現が使われる。(講談・矢田五郎右衛門、寛永三馬術、大石内蔵助、間十次郎、天野屋利兵衛、和久半太夫、大塩瓢箪屋裁き、鼠小僧次郎吉、幡随院長兵衛、越後伝吉、赤穂四十七士伝、薮原検校、大岡政談お花友次郎、落語・ちきり伊勢屋、富久、怪談市川堤:「だんだん、だんだん座して喰えば山をも虚しで、こいつ何もかも金はなくなる。道具に手がつく」、乳房榎)

指して行方は白雲の、山はた山をうち越えて(→寄辺渚の捨て小舟、取りつく島もなき身)(さしてゆくえはしらくもの、やまはたやまをうちこえて):【意味】講談などで、頼る者のない心細い身の上の人物があてもなく放浪するさまを述べる際の七五調慣用表現。(講談・寛永三馬術:「大勢の門弟に見送られました筑紫市兵衛親子は、指して行方は白雲の山また山を打越えて、寄邊渚の捨小舟、取付く島も無き身となりましたが」、笹野名槍伝)

ざっかけないざっかけない):【意味】雑な、がさつな。気取りがない。(講談・祐天吉松:「さうよ、何も左様然らばと、改まつて口を利くのが坊主といふ譯でもねえ、ザツカケねえ口を利いたつて坊主は坊主だ」、落語・山崎屋)

悟りなば出家になるな魚食え地獄へ行って鬼に負けるなさとりなばしゅっけになるなさかなくえじごくへいっておににまけるな):【意味】「悟りなば坊主になるな魚食え地獄へ落ちて鬼に負けるな」とも。一休禅師(一三九四~一四八一)の作った道歌であるという。死後の救済を求めて生前に生半可な信心をしようというのは誤りである。せいぜい地獄へ行って鬼に負けないよう、魚などをどんどん食って現世を満喫しておけ、という教え。落語や講談では、僧侶は表向き飲酒を戒め魚貝を口にしないが、実際は皆が皆禁欲しているわけでもない、という意味で引用される。(講談・田宮坊太郎:「イヤそれは表向き、紫野大徳寺の一休禪師の悟に申したではないか、悟りなば出家になるな肴食へ、地獄へ落ちて鬼に負けるな」、落語・万金丹)

さぶるこさぶるこ):【意味】古語でいう遊女のこと。「さぶるおとめ」。万葉集が出典。(落語・紺屋高尾:「これがまァ、そもそもの始まりだなんと申しますが、古くはさぶるこなんという言葉もありまして、さぶるこ、『万葉集』にその歌が出ておりますが」)

寒いところで何よりのご馳走は火さむいところでなによりのごちそうはひ):【意味】雪中に行き悩んだ旅人が行きずりの家に宿を求め、食事など何も出されなくても、たき火に当たるのが今は何よりご馳走だ、と言うときに口走るきまり文句。(講談・水戸黄門:「この雪で定めしお寒いことでございませう。寒い時には火が何よりの馳走」、寛永御前試合、落語・鰍沢)

寒からぬほどに見ておけ嶺の雪さむからぬほどにみておけみねのゆき):【意味】吉田兼好が言った、と落語「五人廻し」に述べられている言葉(後世の川柳?)。道楽も結構だが夢中になるな、せいぜい我が身を大切にしなさい、という意味。(講談・関東七人男、落語・五人廻し:「『寒からぬ程に見ておけ峯の雪』……吉田の兼好も申されたものでがしょ?」)

侍は孝を捨てても忠を立てねばならぬさむらいはこうをすててもちゅうをたてねばならぬ):【意味】(参照)→孝を立てんか忠を立てる能わず、忠たらんと欲せば親に不孝というようなジレンマに、武士はしばしば陥るのだが、その場合、主君への忠節を優先すべきであるということ。(講談・磯貝十郎左衛門:「よう申した、侍は孝を捨てても忠を立てねばなりません。あとのことには心を残さず、一日もはやく赤穂にまいり、御城代大石殿のお差図にしたがい、あっぱれ武士の道を立ててくだされ」)

侍は人の鑑さむらいはひとのかがみ):【意味】武士は「四民の源上」(最上の階級)であるから、人格的に全ての人の手本となるべき存在であるという考え方をいう言葉。(落語・井戸の茶碗:「成程、お武士様といふものは人の鑑とか云ひますが、御潔白のお心持恐入りました」)(参照)→四民の源上に立ち、三民の上席を穢す花は桜木人は武士

侍も弔いもあるかさむらいもとむらいもあるか):【意味】語呂合わせを含む、「武士がなんぼのもんだ」という町人の悪態。(落語・たがや:「何を言やがんでぃ。さむらいもとむらいもあるか。なぁ、てめえたち大手を振って江戸の町歩けねえんだ」)

さめての上のご分別さめてのうえのごふんべつ):【意味】「仮名手本忠臣蔵」七段目の平右衛門のセリフより。あなたもよんどころなくお酒を飲まなければならないのでしょう、飲めば酔わずにはいられますまい、酔いがさめてからあらためてご判断なさいまし、という意味。酔っぱらいがややこしい話はしらふに戻ってからにしてくれ、というときに使う。(落語・子別れ:「なにしろおれは酔っている。このとおりだ。酔いがさめてからのことよ。さめての上のご分別。いずれご挨拶しよう」、船徳、鰻の幇間)

猿の尾は短し、虎の尾は長しさるのおはみじかし、とらのおはながし):【意味】太閤秀吉は「猿」と言われ、松平竹千代こと徳川家康は「寅童子」の化身と言われた。ここでは、文字通り、猿より寅の尾は長く、その子孫の繁栄の度合いには大きな差があった、ということ。(講談・天一坊:「『猿の尾は短し虎の尾は長し』といふ白(せりふ)がありますが、秀吉公は猿に似てゐたから、倅の代になつて滅びた」)

去る者は追わずさるものはおわず):【意味】去っていく者は、敢えて引き留めないということ。(講談・赤穂義士本伝:「けれども内蔵助は去る者は追はずといふ態度」)

去る者は日々にうとしさるものはひびにうとし):【意味】「遠ざかる者は~」とも。親しかった人も、疎遠になれば次第にかつての情愛が薄れてくるのが自然の成り行きである。また、亡くなった人への思慕は時間の経過と共に薄れてくる、ということ。(講談・天保六花撰、由井正雪、岩見重太郎、夕立勘五郎、祐天吉松、安中草三郎、関東七人男、真柄のお秀、落語・藪入り:「それが『去るものは日々にうとし』、十日が二十日、三十日と……お店の用事も忙しくなる。自分の家のことは、とんと忘れて、思い出す日が少なくなります」、王子の幇間)

さわらぬ神にたたりなしさわらぬかみにたたりなし):【意味】物事に関わりを持たない主義に徹すれば、難を逃れることができるという教え。(講談・笹野名槍伝、由井正雪、岩見重太郎:「平素人の長ずるを嫉み、己れのいたらぬを顧みざる小人、さわらぬ神に祟りなし、勝ちを譲っておくが無事である」、慶安太平記、加賀騒動、神崎与五郎)《い》

さはらば(触れなば)落ちん風情さわらば・ふれなばおちんふぜい):【意味】男が誘えばすぐに応じそうな、色気のある女性の様子をいう。「さわらば散らん」(講談・安政三組盃)ともいうか。(講談・幡随院長兵衛:「長兵衛の姿を見ると、情のこもつた眼で見るのが、さはらば落ちん風情、所が長兵衛には何の感じもない」)

三月比目魚(ひらみ)は犬も食わぬさんがつひらみはいぬもくわぬ):【意味】「三月鯛は犬も食わぬ」ともいう。時期の遅れたヒラメの刺身は犬も食わない、ということ。(講談・関東七人男:「徳利が七つ八つ行列して、蛸の三杯酢に犬も食わぬという三月比目魚の刺身」)

三家の家来は陪臣にして陪臣にあらずさんけのけらいはばいしんにしてばいしんにあらず):【意味】徳川御三家の家臣は、たしかに大名家の家来ではあるが、より直参に近いので、他の諸大名の家臣とは格が違う、ということ。(講談・千馬三郎兵衛:「何の先方は尾州家の御家來、三家の家來は陪臣にして陪臣にあらずといつて、御直參も同様だ」、由井正雪、慶安太平記、水戸西山公)

三軒長屋の間に住むと魔がさすさんげんながやのあいだにすむとまがさす):【意味】迷信。三軒並んだ長屋の真ん中の家に住むと通常ではありえないような悪念に取りつかれる、ということ。(落語・三軒長屋:「“三軒長屋の間に住むと魔がさす”なんてえことをいいますが、別に魔がさす訳じゃァございません。なにかにつけて不都合があるようですな」)

三公の位に至るさんこうのくらいにいたる):【意味】三公とは、太政大臣、左大臣、右大臣。または左大臣、右大臣、内大臣のことをいう。官職としての最高位をいう。大出世を遂げることをこのようにいう。(講談・天一坊:「お前の相にはうまくすると三公の位に上がる」、太閤記)

三歳の翁、百歳の童子さんさいのおきな、ひゃくさいのどうじ):【意味】年が若くても洞察力が優れ、先の先まで読めるようなものの分かった人を褒めて言う言葉。逆に年をとっても幼稚な人もある、の意。「清水次郎長」の「心中奈良屋」で博徒・和田島太左衛門が清水次郎長を評していう言葉。(講談・清水次郎長:「お前は年は若いが心の奥が深い、三歳の翁、百歳の童子といふのは此の事だらう」、寛永御前試合)

三々五々さんさんごご):【意味】おもに人が、三人・五人ずつにまとまっている状態。(講談・小山田庄左衛門:「彼方を見れば三々五々、あちらこちらへ穴を掘り、その中へ火を熾して」)

三七、二十一日さんしち、にじゅういちにち):【意味】神社仏閣に願掛け詣でをして、満願までに要する期日の典型例。(講談・越後伝吉、水戸黄門、落語・元犬:「三ン七、二十一日のあいだ、八幡さまにはだしまいり」)

三尺高い木の空で(横腹に風穴が開く時は)(さんじゃくたかいきのそらで):【意味】いずれ処刑され、獄門台でさらし首になることを予期して悪人が居直り半分にこう言う。または仲間に「今更後へは引けない」と因果を含めるセリフに出てくる。木の空で「安房上総の山を眺める」こともある。(講談・水戸黄門、両越大評定、落語・居残り佐平次:「三尺高え木の空で、モシ此の横ッ腹へ風穴が開きます。お慈悲でございますから、余熱の覚めるまでモウ少しの間お匿まいなすつてお呉んなさいまし」)

三尺の槌をもって大地を打つは外れることもあるが……(さんじゃくのつちをもって・だいちをうつははずれることもあるが):【意味】たとえ大きな槌で大地を打って、それが外れるようなことがあっても(そんなことはありえない)、自分の予言や予測が絶対に外れない、ということを断言するときのきまり文句。(講談・清水次郎長:「それなれば話をしよう。三尺の槌をもって大地を打つは外れることもあるが、私の言葉は万に一つも外れる気づかいはないから、そのつもりでいなさい」、梁川庄八、寛永御前試合、落語・ちきり伊勢屋)(参照)→拍つ手ははずれても

三尺の童子さんじゃくのどうじ):【意味】幼児のこと。または無知な者のたとえ。「~も知らぬ者はない」といえば、非常に高名であるということ。(講談・西郷南洲:「果なくも城山一片の露と消えました明治維新の大豪傑こそ、三尺の童子も知らぬ者はない西郷南洲其の人で御座います」)

讒者の舌の鋭きことは干将莫邪に過ぐざんしゃのしたのときことはかんしょうばくやにすぐ):【意味】およそ、人を陥れようとして事実を曲げようと陰謀をたくましくする者の言うことの鋭さは、古の名剣にもまさるものであるということ。(講談・太閤記:「併し讒者の言の鋭きことは、干将莫邪に過ぐとある、此上如何なるお咎めがあるか知れたものではない。困つたものだな」)(参照)→干将莫耶の剣も持ち手に依る

三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして命を知るさんじゅうにしてたち、しじゅうにしてまどわず、ごじゅうにしてめいをしる):【意味】「論語」(為政編)の有名な一節。「而立」は三十歳、「不惑」は四十歳、「知命」は五十歳の異名となっている。(講談・水戸黄門、落語・万金丹:「人は三十にして立つ、四十にして惑はず。失礼のことをいふやうだが、モウコレ四十男だな」)

三十六計逃げるに如かずさんじゅうろっけいにげるにしかず):【意味】「~逃げるが専一」と続く。逃げるべき時には逃げて、我が身の安全を図ることが、兵法におけるもっとも良い策である。困ったらとりあえず逃げなさい、ということ。(講談・水戸黄門、幡随院長兵衛、大久保彦左衛門、塚原ト伝、野狐三次:「三十六計逃げるに如かず。権現さまといやァその逃げの手の元祖だ」、鈴木重八、西郷南洲、寛永御前試合)

三上戸さんじょうご):【意味】主な三つの酒癖をいう。泣き上戸、笑い上戸、酒乱。(落語・棒鱈、ずっこけ:「酒には、必ず癖というものがあります。上戸(じょうご)と言われるものですが、特に多いのが三上戸。怒り上戸、泣き上戸はいけませんが、笑い上戸ってのは陽気でいいですね」)

山椒は小粒でもぴりりと辛いさんしょうはこつぶでもぴりりとからい):【意味】体は小さくても、気が強く、気性が優れていたり才能が優れていたりして、馬鹿にできない人のことをさしてこういう。(講談・宮本武蔵、誰が袖音吉、落語・野崎詣り:「サン、山椒はナ、コラ、ヒリリと辛いわイ、阿呆ンだら」、素人相撲、ゆめ=貸本屋)

三寸不爛の舌さんずんふらんのした:「ふびん」とルビを打ってある速記もあるが):【意味】「三寸不爛の舌頭」などともいう。巧みな弁舌のこと。雄弁であること。三寸というのは舌の長さを意味する。(講談・伊賀の水月、安政三組盃:「彼はことば巧みに、三寸不爛の舌頭に嫉刃を合わせて大蔵のことを讒謗した」、慶安太平記、落語・政談月の鏡)

三千世界の烏を殺し主と朝寝がしてみたいさんぜんせかいのからすをころしぬしとあさねがしてみたい):【意味】幕末の志士・高杉晋作(または桂小五郎?)が作ったといわれる都々逸。「三枚起請」のサゲに応用される。起請文(年が明けたら一緒になろう、浮気はしないと熊野神社にかけて約束をしたためた誓約書)は一枚書くごとに熊野権現の烏が三羽死ぬという言い伝えがあった。この噺に出てくる女は同じ文面の起請文をたくさんの客へ多量に渡している。(落語・三枚起請:「『世界の烏をみんな殺すんだよゥ』『烏を殺して、どうするんだい』『朝寝がしたい』」)

三千の罪、不孝より大なるはなしさんぜんのつみ、ふこうよりだいなるはなし):【意味】世の中にはたくさんの罪があるが、何よりも不孝というのがもっとも罪深い、ということ。(講談・大久保彦左衛門:「イヤ實に美しい女でも心の恐ろしい奴がある、三千の罪、不孝より大なるはなし」、柳生二蓋笠)

三度の神は正直さんどのかみはしょうじき):【意味】占いや勝負事は、三回続けて同じ結果(目)が出たら、それは確実なものであるということ。(講談・鎌倉星月夜:「ささ、もう一通お書きあそばせ。三度の神は正直ということもございます」)

ざんないざんない):【意味】上方言葉で「見苦しい」「見るに耐えない」「様はない」こと。(落語・仔猫:「見た目は様ないけど、ふたをとってみたら中は思いもよらんご馳走や」)

三人旅は一人乞食さんにんたびはひとりこじき):【意味】三人で旅行していると、うち二人が組になって行動しがちで、残る一人がのけ者にされて貧乏くじを引く事が多い、という諺。(落語・長者番付、朝這い、三人旅:「『三人旅ひとり乞食』なんという。旅というものはやはり丁目がいいんだそうで……。」)

三人寄れば満座さんにんよればまんざ):【意味】人が三人集まると、すでにそれは公的な場である、プライベートな集まりではないということ。「三人寄れば公界」「三人寄れば人中」(「毛吹草」にもある)とも。(講談・野狐三次:「アゝ三人寄れば満座という、三人どころか数多の見物の中で鳶人足などに、如何に贔屓になったとはいえ、頭を打れるたア残念だ」)

三人寄れば文殊の智慧さんにんよればもんじゅのちえ):【意味】個々人は凡人でも、三人集まって相談すれば文殊菩薩(仏の智恵を象徴する菩薩)のような良い知恵が出る、ということ。「毛吹草」にもある。(講談・大石内蔵之助、伊賀の水月、音羽丹七:「其やアマア神様佛様にお願え申すも宜いが、どうだね三人寄れば文殊の智慧とやら」、相馬大作、小猿七之助)《い》

三年添って子なきを去るさんねんそってこなきをさる):【意味】「嫁して三年子なきは去る」ともいう。夫婦が一緒になって三年間子供ができなければ、妻は離縁されても仕方がないのだ、とかつては言われていた。「七去」(かつて女房を離縁する規準といわれた:「父母に順ならず」「子なき」「淫」「炉」:嫉妬深いこと:「悪疾」「多言」「竊盗」)のひとつ。(講談・忠臣二度目の清書、本所五人男=七去、落語・小言幸兵衛、搗屋幸兵衛、安産:「三年添つて子無きは去るべしと、七去の一番の戒めになつて居りました」)(参照)→悪しき病あれば去るべし

産の入用は藁の上から三貫さんのいりようはわらのうえからさんがん):【意味】(参照)→薦の上から三貫と同じ。(講談・水戸黄門:「困つたな、産の入用は藁の上から三貫といふ比喩にいふ位、先に立つのは錢金だ」)

三拝九拝さんぱいきゅうはい):【意味】何度もお辞儀をして頼み込むこと。(講談・伊賀の水月:「主人みづから三拝九拝をいたして持って参るか」)

三伏の炎暑さんぷくのえんしょ):【意味】「三伏」とは夏のもっとも暑い期間のこと。夏至の後三番目の庚の日を「初伏」、四番目の庚の日を「中伏」、立秋後最初の庚の日を「末伏」という。この期間の非常な暑さのことをいう。(講談・田宮坊太郎、由井正雪:「何にいたせ夏雨のないことは非常な苦しみ。所謂三伏の炎暑」)

編:松井高志・2004-

トップへ

続きを読む "[さ]で始まる語句・ことわざ" »

その他のカテゴリー

[あ] | [い] | [う] | [え] | [お] | [か] | [き] | [く] | [け] | [こ] | [さ] | [し] | [す] | [せ] | [そ] | [た] | [ち] | [つ] | [て] | [と] | [な] | [に] | [ぬ] | [ね] | [の] | [は] | [ひ] | [ふ] | [へ] | [ほ] | [ま] | [み] | [む] | [め] | [も] | [や] | [ゆ] | [よ] | [ら] | [り] | [る] | [れ] | [ろ] | [わ] | 【ざっくり講談名作全集】 | コラム | トップ | ナンドク・あ | ナンドク・い | ナンドク・う | ナンドク・え | ナンドク・お | ナンドク・か | ナンドク・き | ナンドク・く | ナンドク・け | ナンドク・こ | ナンドク・さ | ナンドク・し | ナンドク・す | ナンドク・せ | ナンドク・そ | ナンドク・た | ナンドク・ち | ナンドク・つ | ナンドク・て | ナンドク・と | ナンドク・な | ナンドク・に | ナンドク・ぬ | ナンドク・ね | ナンドク・の | ナンドク・は | ナンドク・ひ | ナンドク・ふ | ナンドク・へ | ナンドク・ほ | ナンドク・ま | ナンドク・み | ナンドク・む | ナンドク・め | ナンドク・も | ナンドク・や | ナンドク・ゆ | ナンドク・よ | ナンドク・ら | ナンドク・り | ナンドク・る | ナンドク・れ | ナンドク・ろ | ナンドク・わ | ブックガイド | リンク | 加筆・訂正記録 | 参考文献 | 小論文 | 掲載紙(誌) | 話芸の名言(実録) | 話芸の名言(落語) | 話芸の名言(講談)